イソフラボン@情報ガイド:効果と副作用にせまる


イソフラボンに関する情報をご紹介

【イソフラボンを摂取しよう】

大豆を食べよう

大豆には、イソフラボンだけでなく、良質な植物性のタンパク質が多量に含まれています。その他に植物性油脂、ビタミンE、食物繊維などの栄養素がバランスよく含まれています。昔から大豆は、「畑のお肉」と呼ばれていますが、大豆そのものを食べていなくても、調味料では味噌や醤油、食材では豆腐・納豆・厚揚げ・油揚げ・豆乳などの食材があります。

お味噌汁には、大豆を原料とするお味噌や豆腐、油揚げなどが使われているので、できれば毎日欠かさずお味噌汁を食事のメニューに取り入れることをおすすめします。大豆の栄養素と言えば、イソフラボンが注目されていますが、イソフラボン以外にもさまざまな栄養素が含まれていることをぜひ知っておいてほしいと思います。

一過性の健康ブームに終わることがないように、大豆食品を日々の食生活の中に取り入れて、バランスの良い栄養素を摂り、健康維持や美容に役立ててほしいですね。イソフラボンは、ポリフェノールの一種であり、抗酸化作用により、お肌の老化防止にも良いと言われています。

近年、日本人の食生活は、昔と比べて大きく変化してきました。もともと大豆をよく食べていましたが、野菜に比べて肉食の傾向が強まり、食生活の変化により、体調にも影響して、病気を患う人が増えてきました。

大豆は畑のお肉と呼ばれているように、肉食を野菜や大豆食品に変えることで、便通も良くなり、お肌にもハリやツヤが出てきます。イソフラボンのサプリメントは、他の健康食品とは異なり、価格も安いため手に入りやすく、イソフラボンの有効成分を用いた化粧品も販売されています。イソフラボンは、わたしたちの食生活に欠かせない栄養素であり、身近に摂れる栄養素です。

▲このページの上部へ