イソフラボン@情報ガイド:効果と副作用にせまる


イソフラボンに関する情報をご紹介

【イソフラボンを摂取しよう】

イソフラボンの摂取量

イソフラボンを積極的に摂取することで、女性ホルモンのバランスがよくなり、骨粗鬆症や更年期障害の予防・改善に良いとされています。イソフラボンの摂取量は、1日に40〜50mg程度が理想的と言われています。単にイソフラボンの量について説明しただけでは、あまりピンとこないかもしれませんね。

イソフラボンが含まれている食材には、大豆や大豆加工食品ですが、納豆1パック、豆腐1/2丁程度で十分です。イソフラボンは、それほど多量に摂らなくてはならないということではなく、普段の食生活の中で大豆食品を摂取していれば十分でしょう。

イソフラボンにはグリコシド型とアグリコン型の2つのタイプがありますが、サプリメントとして摂取する場合は、アグリコン型のイソフラボンのサプリメントがオススメです。吸収率が高く、ほとんど個人差がありません。確実にイソフラボンを摂取したいなら、サプリメントで栄養補給する方法もあります。

イソフラボンは、女性にとっては、美容と健康になくてはならない栄養素で、とくに更年期と呼ばれる年代の女性にとっては、閉経前後に体調不良を訴える人が多く、更年期障害や骨粗鬆症などにかかりやすくなり、その予防対策として、イソフラボンの補給をおすすめします。

日本人女性と欧米人の女性を比べると、生活習慣や食生活の違いから、更年期障害や骨粗鬆症を患う人の割合は、比較的少ないほうです。欧米人に比べて、日本人のほうが、大豆をたくさん食べているから、ということもあると思いますが、欧米人と日本人の食生活は、肉食もやや少なめです。とはいっても、日本人の食生活も欧米化が進化してきて、昔とは食生活にかなり変化がみられるようになりました。古き良き時代の日本人の食生活を見直す必要があります。

▲このページの上部へ