イソフラボン@情報ガイド:効果と副作用にせまる


イソフラボンに関する情報をご紹介

【イソフラボンで健康対策】

イソフラボンと更年期障害

イソフラボンは、中年以降の女性に多くみられる更年期障害と、大変深い関係があると言われていることをご存知ですか? 更年期とは、一般的に45歳から55歳前後ぐらいまでの年齢のことを指しますが、卵巣の働きに衰えがみられるようになることが原因とみられており、さまざまな症状が出るようになります。このことを総称して、更年期障害と言います。

更年期障害の典型的な症状は、月経異常・体のほてり・イライラ感・肩こり・不眠・不安・めまい・頭痛などです。これらの症状が合わさって発症する人もいますが、中には一時的にうつ病のようになる人もいます。女性ホルモンのバランス異常により、子宮や卵巣の機能に低下がみられると、このような症状が出やすくなり、血のめぐりとも深い関係があります。症状は長期間にわたり発症することがありますが、体に異常が感じられて、病院で精密検査を受けても、とくに異常なしと診断されることも多いようです。

大豆の栄養素・イソフラボンは、大豆の胚芽に多量に含まれている成分で、この成分が更年期障害の予防・改善に良いと言われています。更年期障害は、女性ホルモンのバランスの乱れが原因とされており、イソフラボンは女性ホルモンのエストロゲンと同様の性質を持つことから、イソフラボンの栄養素が、更年期障害に有効とされるのでは、といった見解が強まり、大豆食品の摂取で更年期障害の予防・改善に良く、天然の物質なので副作用の心配もありません。

大豆加工食品は、豆腐や油揚げ、豆乳などの食品だけでなく、調味料にも大豆が使われているものには、味噌や醤油があります。味噌と醤油は、イソフラボンの有効成分が吸収されやすいアグリコン型のイソフラボンが含まれています。

▲このページの上部へ