イソフラボン@情報ガイド:効果と副作用にせまる


イソフラボンに関する情報をご紹介

【イソフラボンで美肌・脱毛】

乳がんとイソフラボンの関係

乳がんと大豆の持つ栄養素・イソフラボンとの関係について、ご説明しましょう。乳がんにかかる女性が増えてきました。アメリカでは、乳がんは皮膚がんの次に多いがんと言われています。日本人女性も、乳がんにかかる年齢が低年齢化しています。従来は、中年以降の女性に多いがんでしたが、20代の若い女性にも乳がんで命を落としたケースが多数あります。

乳がんの初期症状は、乳房の周辺部にしこりができて、しこりに触れたときの触感に違和感があります。定期的に乳がん検診を受診することで早期発見・早期治療につながります。 実は、乳がんとイソフラボンは、深い関係があります。イソフラボンは、女性ホルモンのエストロゲンとよく似た作用を持っていることから、イソフラボンを摂取することでエストロゲンの不足を補給することができます。ただし、女性ホルモンの分泌が過剰な場合は、作用を抑制します。

イソフラボンは、乳がんだけでなく、良性のしこりである乳腺症の予防にもよいと言われています。イソフラボンは、初期の乳がんに対して作用すると言われています。乳がんの原因のひとつには、過剰な女性ホルモンの分泌が考えられますが、イソフラボンの摂取により、作用が抑制され、乳がんの予防にも役立つと言われています。もちろん、過剰な摂取は好ましくありませんが、イソフラボンを適度に摂ることで、女性ホルモンのバランスがよくなると考えられます。

ただし、妊娠中は過剰に摂取することは避けたほうがいいでしょう。ストレス社会になり、女性ホルモンのバランスを崩して、お肌トラブルが生じたり、婦人科系の病気を患う若い女性が増えています。イソフラボンは、女性にとってはなくてはならない栄養素なのです。

▲このページの上部へ