イソフラボン@情報ガイド:効果と副作用にせまる


イソフラボンに関する情報をご紹介

【イソフラボンの基礎知識】

妊婦とイソフラボンの関係

妊婦とイソフラボンの関係について、ご説明しましょう。大豆の栄養成分が健康に良いと言われるようになり、近年、豆乳の売れ行きが急激に伸びてきました。豆乳を牛乳の代わりに飲む人も増えてきて、豆乳ブームと言ってもいいほどです。

大豆の栄養素・イソフラボンは、体に良いといった考えがすっかり定着してきましたが、必ずしもすべての人に良いというわけではありません。女性ホルモンのエストロゲンと同様の作用をする半面、時と場合によっては、かえって逆効果になることもありますので、十分注意が必要です。

妊娠中の女性の体は、大変デリケートになっています。食品や飲み物の中には、女性ホルモンに悪影響を及ぼすものがあることを理解しておく必要があります。女性ホルモンのエストロゲンは、女性の生理にも大きく関わるホルモンですが、過剰に分泌されると、ホルモンバランスが崩れる原因となることもあります。更年期の女性に多い更年期障害や乳がんなどは、実は女性ホルモンのエストロゲンのバランスの崩れが原因で起こると言われています。

ホルモンのバランスは、ほんのわずかなアンバランスでも、女性の体にさまざまな影響を及ぼします。更年期障害は病名ではなく、更年期特有のさまざまな諸症状を総称した呼び方です。また、妊娠中の女性は、女性ホルモンの分泌量に急激な変化が生じて、エストロゲンの分泌量が盛んになります。

このようなときに、豆乳など大豆食品を摂り、イソフラボンを摂ることで、かえって女性ホルモンにアンバランスが生じてしまう原因にもなります。大豆に含まれるイソフラボンは、天然の植物性の成分ですが、妊娠中は、イソフラボンの摂取を極力控えるべきであろうという見解が示されています。

▲このページの上部へ